O-1ビザ(卓越した技能または業績保持者)についてのよくある質問

  StockSnap.  Pixabay

StockSnap. Pixabay

O-1非移民ビザとは、科学、芸術、教育、ビジネス又は体育の分野において、卓越した技能を保持している人、若しくは映画・テレビ業界において、傑出した功績を残して国内外で知名度がある人に発行されるビザです。

このビザについて、クライアントから頻繁に寄せられる質問事項を以下にまとめました。このリストは随時更新していく予定です。

O-1ビザとは?

O-1ビザとは国内外で認められた、卓越した技能を持っている申請者が米国において、その技能を用いて活動をする為に一時的に滞在する際に発給されるビザです。

O-1ビザにはどの様なカテゴリがあるのですか?

O-1ビザは、業界又は職種によって2つのカテゴリーに分かれています。

1.     O-1 A: 科学、教育、ビジネス又は体育の分野において、卓越した技能を保持する個人(芸術、映画・テレビ業界を除く)

2.     O-1 B: 芸術の分野で卓越した技能を保有する個人、又は映画・テレビ業界で傑出した功績を持つ個人

 

米国市民権・移民局(USCIS)はどの様にして、『卓越した技能』を判断するのですか?

科学、教育、ビジネス及び体育の分野では、卓越した技能とは当該分野の専門性においてトップレベルの実績を残しているという事を指します。

芸術分野においては、申請者が当該分野において、非常に知名度があり、著名な功績を残しているという事がポイントになってきます。

映画又はテレビ業界においては、申請者が当該分野において通常以上の、極めて高い評価を受けている事を証明する必要があります。

『卓越した技能(Extraordinary Ability)』とは法律専門用語であり、USCISは全てのケースにおいて、申請者にUSCISの基準に見合う、具体的な証拠資料の提出を要求します。また、ご自身ではそうと認識されていなくても、卓越した技能を保持されていると認められる場合もあります。

家族を同行させる事は出来ますか?また家族は就労・就学が可能ですか?

O-1ビザ保持者の配偶者及び21歳未満の子供には、O-1ビザ保持者と同期間の滞在が許可される、O-3ビザが発給されます。O-3ビザでの就労は許可されていませんが、フルタイム又はパートタイムでの就学は可能です。

スタッフを同行させることは出来ますか?

O-1ビザ保持者のアシスタントなどのスタッフは、O-2ビザを申請する事が出来ます。一例として、O-1ビザ保持者のスポーツ選手が成果をあげる為に、同行するコーチやトレーナにO-2ビザの申請を行う場合があげられます。O-2ビザの申請には、その個人がO-1ビザ保持者にとって、具体的なイベントや公演活動を行う為に、必須な存在であるという事を証明する必要があります。

O-2ビザ申請者の持つスキルと経験が米国人では代わりがきかないものであり、O-1ビザ保持者の米国での活動を成功させる為に不可欠なものでなければなりません。例えば、O-1ビザ保持者のオペラ歌手が、公演の成功の為に、長年のボイスコーチを同行させる場合などが挙げられます。

O-1ビザは何年有効ですか?

O-1ビザは最長3年発給されます。その後USCISが業務の進行上必要があると認めた場合、1年毎に更新が可能です。

O-1ビザで複数の雇用主の下で働く事は出来ますか?

申請の仕方によって状況は異なります。O-1ビザの利点として、エージェントがスポンサーになれるという事があります。この形式は特にアーティストやミュージシャンなどの複数の異なる雇用先で、イベントや公演をに出演する事が多い芸術分野のO-1ビザ請願でよくみられます。つまり、O-1ビザ申請者に雇用主の代理として動くエージェントがいる場合は、複数の雇用主から仕事を請ける事は可能と言えます。エージェントのシステムは科学、教育、体育又はビジネスの分野では稀なので、これらの分野の場合、通常は単体の雇用主がスポンサーになる場合がほとんどです。ですが、もし一人の申請者に対して複数の雇用主がO-1ビザのスポンサーを名乗り出た場合には、それぞれの雇用主をスポンサーとして、複数のO-1ビザ申請を同時に進めるという事も出来ます。

O-1ビザはグリーンカード取得につながるものですか?

いいえ、O-1ビザは申請者が当該分野に於いての卓越した技能を用いて、米国で一定期間の労働を許可する、非移民ビザです。一方で、EB-1というO-1ビザと似通っていながら、グリーンカード取得を前提とした移民ビザがあります。EB-1ビザの基準はO-1ビザと少し異なり、また通常、その審査基準はO-1ビザよりも高くなります。

O-1ビザ取得のプロセスについての詳細についてのご相談はお問合せ下さい。弊社のInstagramTwitterFacebookLinkedIn or Tumblr では、移民・移住に関しての最新情報を随時 更新しています、是非フォロー下さい!


Rasoulpour Torregoza is the law firm for immigrants, by immigrants. We are founded on the motto of LegalEase: we do away with the legal jargon and make law easy to understand, so you can focus on what’s important to you – going for your American Dream.
Contact us at (888) 445-7066  or info@legalease.us. We are also on social media and on Skype: @LegalEaseUS. ||www.LegalEase.us
This website and blog constitute attorney advertising. Do not consider anything on this website or blog legal advice as the law is dynamic, particularly in the immigration field and nothing in this website constitutes an attorney-client relationship being formed. Set up a one-hour consultation with us before acting on anything you read here. Past results are no guarantee of future results and prior results do not imply or predict future results. Each case is different and must be judged on its own merits.