Japanese

O-1ビザ(卓越した技能または業績保持者)についてのよくある質問

O-1ビザ(卓越した技能または業績保持者)についてのよくある質問

O-1非移民ビザとは、科学、芸術、教育、ビジネス又は体育の分野において、卓越した技能を保持している人、若しくは映画・テレビ業界において、傑出した功績を残して国内外で知名度がある人に発行されるビザです。

このビザについて、クライアントから頻繁に寄せられる質問事項を以下にまとめました。このリストは随時更新していく予定です。

I-765の改訂により、労働許可証(EAD)とソーシャルセキュリティー(SS)カードの同時取得が可能になりました。

I-765の改訂により、労働許可証(EAD)とソーシャルセキュリティー(SS)カードの同時取得が可能になりました。

米国市民権・移民局(USCIS)と社会保障局(SSA)の新たな情報共有提携により、一定の条件を満たす外国籍者はI-765, Application For Employment Authorizationの提出のみでEADとSSカードの申請が出来る様になりました。

起業家の為のスタートアップビザの延期について

起業家の為のスタートアップビザの延期について

米国国土安全保障省(DHS)は先日、外国人起業家活動促進事業規定の施行日を、予定されていた2017年7月17日より延期する旨を発表しました。
発表によると、トランプ大統領が発した、この規定の廃止を提案する国境安全と移民対策の強化に関する大統領令13767の公示と、公からの外国人起業家活動促進事業規定の施行日の延期に関しての意見聴取の機会を設けるために、新施行日は2018年3月14日となります。

ビザ免除プログラムとESTAについて

ビザ免除プログラムとESTAについて

ビザ免除プログラム(VWP)は米国国土安全保障省が国務省との協議で管轄する、対象の38カ国からの渡航者に対して、ビザ無しで最長90日間の観光及びビジネス目的での滞在を許可するものです。その代わり、対象国は自国を訪れる米国市民に対しても同様の期間のビザ無しでの滞在を許可する事になっています